2013年8月30日金曜日

取材レポート5・呉1

取材レポート第3弾、呉にやってきました。

ついたとたんに港には護衛艦、アメリカ軍艦がいっぱいでテンション上がります!
ちなみにゲームでは、ルートにより呉にもちょっとだけ来ます。
でも取材と言うより来たいから来ました。うきうきします。

呉に着いたらまずはここ、大和ミュージアムです。
















10分の1大和!10分の1なのにでかい!
25mプールくらいあります。

艦上構造物も細かくできていて
見ごたえがあります!→







他にも展示品がたくさんあり、ここだけでも丸一日過ごせそうな勢いです。


おなじみ零戦。
もーホント大好きなので写真たくさん撮りました。
ゲームには全然関係ないですけど…

上からも良く見えます。
羽の「ノルナ」の文字がかわいいです。



こちらは回天。
悲しい気分になりますね。









そのほか資料や映像展示も豊富で、本当に立派です。
お土産やさんもオリジナルグッズが多くて、ここだけでしか手に入らないものもあるので要チェックです!


次にそのすぐお隣、てつのくじら館に行きました。


街中に巨大な
潜水艦が丸ごと!
シュール!











奥の建物が展示館で、様々な機雷や掃海に使う機器などが展示されています。

掃海に使うフロートがかわいいです。


 

そしてビルの中腹から、あの潜水艦の中に入ることができます。
潜水艦の内部です。
ベッドの下が食料庫になっていたり、スペースを効率的に使う工夫がしてあります。

ちなみにこの旅は、チームメンバーの親戚、海自OBの方に案内していただきました!
普段なかなか聞けないお話も聞けて、とても参考になりました。

呉の旅、後編に続きます。




2013年8月22日木曜日

裏キャラ紹介4

3人目、佐藤中佐!























なんか2種が似合いそうなんで2種にしてみました。

実際はもっと硬派で軍人然とした人だったのかも知れませんが…
他キャラとの兼ね合いもありこんな感じになりました。
秋山少佐や広瀬少佐より情報も少なく一般的なイメージも固まっていないので、
逆に冒険してみました。

ちなみに坂の上ドラマ版では空気でしたが、原作ではしっかり活躍しています!
若い頃、日清戦争でとっさに赤城の指揮を執った判断力は、磨きがかかって
日露でも活きています。

ちなみに、胸から肩に掛かっている金の紐は参謀飾緒といい、
参謀官だけが掛けています。

ググると出てくる写真、wikipediaではおじいちゃんになってますが、
若い頃の写真はなかなかに男前ですねー。




2013年8月21日水曜日

iphone/ipad版リリースしました!

残暑の候、いかがお過ごしでしょうか。
夏との告知をしてから、早くも晩夏となってしまいましたが、なんとか8月中に
iphone/ipad版、無事リリースすることができました!
現在appstoreからダウンロードできます。

トップページのリンクからもアクセスできますが、
通常版はこちら、無料の体験版はこちらになります。

どちらも容量が大きく、3G環境でのダウンロードはできません。
お手数ですが、wifi環境、またはPCのituneからダウンロード下さい。

また、体験版のセーブデータで通常版の続きを遊ぶことはできません。スイマセン。

もしかしたらippstoreで言語の表示が英語と書いてあるかもしれませんが、
気になさらないでください。もちろん日本語です。

本アプリは有料ですが、広告や追加課金の要素はありません。
煩わしいことなくじっくり遊ぶことができます。

何分知識不足故至らぬところはあるかと思いますが、戦前日本の美しさを
伝えるべく、真摯な気持ちで取り組みました。楽しんでいただけましたら幸いです。

歴史好きな方にも、また近代史には苦手意識を持たれている方にも、
興味を持って頂くきっかけになれればいいなと思っております。

また、私自身大好きなミュージシャンから提供いただいた、オープニング、
エンディング曲もオススメです!

それでは、どうぞよろしくお願いいたします!

2013年8月20日火曜日

裏キャラ紹介3

攻略キャラ二人目、広瀬少佐!






















なんか釣りバカみたいな画風で失礼。
みんなのヒーロー広瀬さんです。
戦後はその名前を聞く機会はあまりなくなりましたが、
終戦までは小学唱歌として知られ、全国で小学生から大人まで
親しまれ尊敬された人です。

最近で言うとドラマの坂の雲で、ロシア少女とのロマンス話が
フィーチャーされてたので、その印象が強いも知れませんが、
話の出所も、晩年後輩が語った、というから、どれくらい本当か
定かでないし、それを元に小説化した際にかなり脚色されたと
思われるので、そこはあんまり気にしないことにしました。
(ちなみに坂の上の雲原作ではそういった話はなく、別の小説です。)
一般的なイメージ通りの、清廉で快活な人物像を目指しました。
なんだか全然恋愛に発展する気がしないけど…

2013年8月18日日曜日

裏キャラ紹介2

いわずと知れた天才参謀、秋山真之少佐…
























はなぜかこんな人になってしまいました…
ドラマになった坂の上の雲や、日露戦争物語でも主人公ということもあり、
世の中的なキャラは固まってるところもあるかと思いますが、
そこはあまり影響を受けすぎないように、本人の言動だと
伝えられているところから人物像をイメージしました。

東郷提督をして智謀沸くが如しと言われた彼には色々逸話がありますが、
やはり天才にはまちがいなかったのでしょう。
その上ストイックな努力家だったようです。
かというと巣から落ちた小鳥を助けてばっかりいたとかそういうエピソードもあったり、
人には丁寧で同僚や目下の人にも敬語、といった話もあります。
伝聞と言うのは主観によってバラバラだし、さらにそれの解釈次第ですが、
結構とらえどころのない、複雑な人物のようですね。

残されてる写真もかっこいいですね!
有名な三笠艦橋の写真、ドラマのモックンさんそっくりです。

2013年8月16日金曜日

裏キャラ紹介1

公式にもちゃんとキャラ紹介あるんですが、公式っ!て感じでお堅めなので、
こちらでは落書き投下しつつゆるーいキャラ紹介してみます。

一人目は、あなたの分身主人公ちゃん。
個性はあるのやらないのやら…
選択次第でどうにでもなるのがいいところです。























明治人らしくほどほどに礼儀正しく奥ゆかしく、親しみづらくならない程度に
古風な感じを目指しました。
モデルはとある看護学校の一期生だったり、明治の女医を目指す生徒の
一人だったり、色々です。
そういえばドラマで話題の新島八重さんも、日清日露期には従軍看護婦を
していたそうです。まさに旬ですね!
ネタバレごめんなさい。

2013年8月15日木曜日

終戦記念日によせて

私の祖父も職業軍人で、10年も戦場に行っていました。
ラバウルが主です。
技術兵だったため重宝されて、そんなに辛くなかった、といつも言っていました。
若い人にはおじいちゃん、おばあちゃんも戦後生まれで、戦争なんて遥か昔の歴史上の出来事、と感じる人も多いでしょう。
でも私達の世代では、おじいちゃんというのはたいがい戦争に行っていたものでした。
その祖父も、長生きしましたが、少し前に亡くなりました。
我が家は母一人子一人で、その母も多忙だったため、同居の祖父母にとてもお世話になりました。
いまだ法事には来てくれる、戦友のサイボーグみたいなおじいちゃんもいます。
祖母は現代的な人ですが、それでも歴代天皇の名前をそらんじられます。

戦後生まれの私達の親世代は、GHQにバラバラにされました。
日本を愛さないように、日本人であることを恥じて生きるように教育されました。

私も若い頃はそうでした。軽い左寄り。それが今の日本人のほとんどだと思います。
当たり前すぎて、比較する対象がなくて、自分がそうだと気づきもしませんでした。

何が正しいかなんて誰にも決められませんが、私達は目を開くことはできます。
本屋にいけば、ネットを開けば、教科書以外の本を読むことができます。
テレビを消せば、洗脳じみた垂れ流しを遮断できます。
知りたいことを知り、信じたいことを信じる権利が、今のところ憲法で保証されています。

私はもちろん戦争は知らない世代で、またそこまで極端な左翼教育を受けた世代でもありません。家族に戦争経験者がいて、それが日常の延長に語られる、そういう世代として、戦争は遠い昔のファンタジーでなく、それもまた日常だったこと、それがほんの数十年前で、現実はシームレスにつながっていること、今の人も戦前の人もそう変わらないこと、そんなことを、いつかもっと上手な言葉で、伝えられるようになれるといいな、と思います。

ごく私見ですが、終戦前の人と、今の人、違うところは、家族、同胞への愛好深さだと思います。
戦後、私達はアメリカ式の個人主義を叩き込まれて育ちました。
個人主義の上に、表面的な愛情は美徳と教わりました。
でも終戦前の人々は、もっと当たり前に、意識するほど善意すらなく、家族のこと、仲間のことを、自分のことのように感じていたのではないかと思います。

家族のこと、私のことを、当たり前のように無償で愛してくれた祖父が、本当に大好きでした。

2013年8月14日水曜日

取材レポート4・佐世保2

二日目!実は佐世保には堡塁跡がいくつもあります。
ここまできたら登らなければ!ということで堡塁巡りです。

まずは丸出山堡塁。

地図を見て作戦会議。
等高線しかない地図…
道なき道を、車で行けるところまでは車で。





運転技術に自信がないのでここで車は置いて行きました。

山道をどんどん上ります。廃棄された車以外人工物はあんまり見当たりません。




すると人工物が、と思ったら猪用の罠でした。
さらにどんどん登る、と森の中に門らしきものが!
ここが入り口みたいです。


















入ってしばらく歩くとまた人工物が!
なんでしょう?水汲み場?井戸?


さらに進むとレンガ造りの半地下の建造物が見えます。
倉庫かなにかでしょうか…たくさんあります。



帰ってきてから知ったのですが、このルートは失敗で、途中民家があったのでスルーして反対方向に行ったのですが、そこの民家に挨拶して、敷地を通してもらってさらに登ると、砲台の跡などがあったそうです!残念!リサーチ不足でした。

次に弓張岳砲台跡。

こちらは整備された公園につながっていて、ライト感覚で挑めます。


ここに砲台があったのかしら?

他にも挑んだものの、道がやばすぎて断念したり、時間がかかりすぎて暗くなってしまったりと、思ったほど廻れませんでした。
さすが堡塁、生半可では挑めません。

その後海軍墓地やいくつか史跡の写真を撮ったりして、帰りました。
海軍さんの港まちツアーというのがあり、日程も決まっていて予約が必要なので、知ったときにはもう遅かったのですが、いつかまた来たら参加してみたいです。
堡塁巡りはもうしません。

ありがとうございました提督!

取材レポート3・佐世保1

取材という名の聖地巡礼レポート第二段!
ついに佐世保にやってきました。
レポートは後に書いていますが、今年のお正月です。

佐世保と言えば軍港!いい眺めです。


そして護衛艦!
佐世保地方隊では土日はいつも艦艇一般公開があるようなので、とりあえず乗せてもらいます。

この日ははつゆき型いそゆき、あさゆきさんでした。
お正月なのもあり結構空いていて、ゆっくり見られました。

それからこちらはセイルタワーです。

7階建ての、旧日本海軍と現在の海上自衛隊の資料館です。
写真ではあんまりよくわかりませんが、入口のところは古い建物、上に新しいビルがつながっているような変わった建物です。
古い建物は、1905年にコンクリ造りで立てられた、佐世保水交社の建物を残しているものだそうです。
内容は上から古い時代で、下に行くとだんだん最近に近づいてくる感じです。
とにかく展示物が多くて見ごたえがあります。
無料で何時間いてもOK、図書室も閲覧自由です。(佐世保にいる間2回来ました…)
個人的におみやげ屋さんの完成品モータライズ模型が超オススメです。
出来が良くて激安!全て一点もの。もっと買っとけばよかったー。

とりあえず佐世保バーガー食べたり、レモンステーキ食べたり、アメリカンなバーで飲んだりして、初日はお約束な観光をしてみました。

2013年8月1日木曜日

取材レポート2・横須賀2

横須賀二日目、関係ないようですが
YOKOSUKA軍港めぐりという船のツアーに乗ってきました。

やはり実際乗ってみないと臨場感とか!
とはいえ乗るのは小さな遊覧船です。こんな感じ。
観艦式で護衛艦に乗せて頂いたこともありますが、フェリーとか大きな船は
全然揺れないので逆に船に乗ってる感ないくらいですね。

海自の護衛艦がたくさん見えます。この日はイージス艦がたくさんいました。
















ひゅうが!おおきいかっこいい。
反対側は米軍基地です。この日は原子力空母とか特に大きいのはいませんでした。


 潜水艦もにゅっと。

観艦式に当選したら一番いいですが、それもなかなか難しいので
気軽に護衛艦を間近で見られるこんなツアーもあります、というご紹介でした。